介護派遣人気サイトを一括検索『カイゴナビ派遣』

介護派遣の決定版!人気派遣サイトを一括検索『カイゴナビ派遣』

高齢者虐待が起こらない職場にするために介護職ができる戦いとは?!

2018年6月27日 13:22

介護職で共有!私のお仕事テクニック

後を絶たない介護施設職員による高齢者虐待のニュースについて、私目線でお話をしたいと思います。
厚労省のとった統計で、通報のあった高齢者施設で起きた虐待の件数が、10年連続で増加しているという報道がありました。
このニュースを、介護現場で働いた事のある私の立場から検証し、解決策を提案したいと思います。

どうしてこうも虐待がおさまらないのか?

それは、ズバリ施設経営者や施設の中間管理職の統括力の無さから生まれると思います。施設経営者の理念が現場の末端にまで浸透せず、無秩序な環境が生まれ、あってはならない行為が、悪気なく施設内でのさぼってしまうのではないかと思います。

どんな職場でもそうですが、志の悪い職員、反組織的職員は、ある程度の確率でいると思います。 

そうした職員に対しての指導が、本人にとって響かない注意の仕方だったり、見て見ぬふりだったりすると、歯止めなく不適切行為が続き、組織の機能として解決する手段を失い、組織関係者ではない家族の通報で虐待が明るみになる事態を招きます。

どうすれば、経営者もしくは中間管理職がそういった行為を止められるか?

答えは簡単です。

自分が一人で解決するという位の強い正義感を抱き、権力を活かして上から目線できっちり叱りつければ良いのです。

ちなみに、私はそれを身をもって行っていました。

上の人間が上から目線で頭ごなしに、叩きつけるように叱る。

叱られた本人は、徹底的に叱りつけられ、嫌な思いをし、二度同じことをするとまた同じ目にあうと体で覚えることとなる。

懲りない人は、次同じ状況になったら、言い訳したり、言い返したりしようと巻き返しを図る。

そうしたら最後、前回とは比べ物にならない説教を受け、言い訳や口ごたえしない方が逆に良いことを思い知らされる。

こういう関係性を問題児と私の間に築かせていました。
私の立場は、特養の相談員兼施設ケアマネ。苦情対策委員長にも就任していました。苦情がある度に会議を開き、解決策を考案していました。

ただ、会議で綺麗事を言うのは簡単なことです。会議の運営自体はさほど大変ではないのです。

ポイントは、
問題を犯した現場で、当事者に担当者として、どんな説教をし、二度同じことをさせないか?

その腕がポイントになるのです。

問題児を雇わないことに力を入れるのではなく、問題を起こした本人が、その行為を深く反省し、二度同じことを繰り返さない環境作りが必要なんだと思うのです。

魔物退治!?のコツとは

私はこのポジションを8年間勤めました。その間、3つ4つ武勇伝となる魔物退治をしました。

魔物退治のコツは、裏ボスそのものと直接対決し、仕留めること。それが一番的を得て早く、シンプルです。組織に与える良い効果も、中核にある問題を鎮めるので効果的面です。

私の場合、少し特殊な既往があり、学生時代何度もヤンキーと喧嘩したりしていました。変な圧力に屈しない真っ直ぐな人間でした。

ただ、相手も相手な為、ボロボロにぶっ飛ばされたこともありましたが、武道を中学まで習っていたこともあり、7割超えをする勝率で勝っていました。手が出るだけじゃなく、口も達者で、女性相手でも互角に戦える口の悪さを併せ持っていました。

そういった誰もが持っている訳ではない能力もある為、なせた技なのかも知れませんが、とにかく利用者を泣かせたら、泣かせた本人が痛い目に合う職場を強引に作り上げてきました。

今は、その施設を退職し、居宅ケアマネに戻った為、その後の施設がどうなっているかわかりません。私が辞めた当時の裏ボスは、今も勤めているので、注意されることなく羽根を伸ばして質の悪い介護をし続けているものと思われます。

常態化する困った職員もいる

他の職員に悪い影響を与えたり、職員の都合に合わせて利用者を従わせようと工夫する職員、自分目線でしか損得を感じられない自分本位で相手が二の次な職員は、それが常態化し、何度も懲りずにそれを繰り返します。

相手を不愉快にさせ、嫌な顔をするとあざ笑い、冷ややかな笑みを浮かべ勝ち誇ったような優越感を感じるような…。

そういう形でしか人の上に立ったような気分を味わえない非実力主義者は、正当な方法で上に立てないので、優越感欲しさに何度も同じ過ちを繰り返す。

そんな相手を優しい言葉で問い正せる訳がない。その点を多くの経営者や中間管理職が気付き、戦わないといけないんだと私は強く感じています。

まとめ

このような対応は正直疲れますが、退治した時の達成感と、自分への支持率アップは計り知れないものがあります。是非真のリーダーを目指して頑張って欲しいものです。

最有力な派閥が、正規のリーダーが率いる派閥であれば、健全な組織になることと思います。 

悪ぶっている裏ボス派閥に負けない影響力を、勇気を出して築いていける『政治力』が正規のリーダーにも求められていると思います。

ライタープロフィール

モカ・マロン
介護業界で20年勤める
取得資格 社会福祉主事任用資格 介護福祉士 介護支援専門員

関連記事

  1. 介護職で共有!私のお仕事テクニック

    緊急時! 介護職にできること

    介護の現場では、緊急時の対応は避けては通れません。急に具合が悪くな…

  2. 介護職で共有!私のお仕事テクニック

    介護士が伝える「着替えの介助」について

    普段何気なくしている「着替え」。朝起きたらパジャマから洋服に着替えます…

  3. 介護職で共有!私のお仕事テクニック

    介護職員の休み方~いい休日にするための3つのポイント~

    介護職員は、「休みが少ない」というイメージを持っている人が多いですよね…

  4. 介護職で共有!私のお仕事テクニック

    介護士必見!食事介助のノウハウ

    食事は三大欲求の1つです。私たちは起きていてもお腹が空くし、寝ていても…

  5. 介護職で共有!私のお仕事テクニック

    遺族ケアの大切さ~思いを共有すること~

    介護施設などでは毎年多くの数の高齢者が亡くなります。遺族の方は深い悲し…

クリックジョブ介護 ホイクナビ カイゴナビ派遣 シニアの住まい

人気の記事

カテゴリー

PAGE TOP