介護派遣人気サイトを一括検索『カイゴナビ派遣』

介護派遣の決定版!人気派遣サイトを一括検索『カイゴナビ派遣』

第29回(平成28年度)介護福祉士試験 ポイントと解説8「総合問題」

2018年2月11日 14:15

詳細解説!介護業界の試験問題

125問の試験問題の最後の科目である「総合問題」。
総合という名の通り、試験範囲全体の理解度が高ければ高いほど、ここでの得点度は上がります。
では、総合問題の解き方のポイントもあわせて今回も詳しく解説していきます。

総合問題 次の事例を読んで、以下の問いに答えなさい。

利用者Kさんのプロフィール
80歳、男性、要介護2
脳梗塞の既往あり左片麻痺

希望:自宅で妻と過ごしたい、二人暮らし中。訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用

状態:数か月前に肺炎を起こして入院、炎症症状は消失したが、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)を保菌した状態で退院。 退院後の排泄は妻の介助を受けながらポータブルトイレを利用しているが、立位は何とか取れる状態。尿意はあり、1日の尿の回数も正常。

トラブル:徐々に妻の介護負担が増えてしまい、準備に時間がかかってKさんが失禁してしまうことも増えてきた。

問題 1

妻は、KさんがMRSAの保菌者であることを気にしていた。妻は日常生活でどのようなことに留意すればよいか。最も適切なものを1つ選びなさい。

1. 食器は家族のものと分けて洗浄する。
2. 手洗いと手指の消毒を行う。
3. 介助するときは、使い捨ての予防着を着用する。
4. Kさんの衣類は別にして洗濯する。
5. ポータブルトイレは、10%の次亜塩素酸ナトリウム溶液で消毒する。

正答

2

解説

「MRSA」という細菌は、健康な人なら何の害もない常在菌の一種ですが、抵抗力の弱った人が感染すると病状が悪化してしまう恐れがあります。
ここでは、「MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)」という感染症そのものについて理解できているか?と同時に、医療従事者以外の家族等がケアを行う際に注意しておくべきポイントについて問われていますね。

予防着の着用や次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用しての洗浄などは一般家庭では必要のないケアだと言えます。
普段介護を行う妻は健康状態に問題がないと考えられますので、食器の洗浄や衣類の洗濯などを家族のものと分けるといったケアは必要ありません。
したがって、妻が日常生活の中で気を付けることは手洗い・手指の消毒が一番適切であると言えます。

問題 2

Kさんに該当する排尿障害として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1. 溢流性尿失禁
2. 腹圧性尿失禁
3. 反射性尿失禁
4. 切迫性尿失禁
5. 機能性尿失禁

正答

5

解説

ここでは、尿失禁の種類について問われています。事例文をよく見ると排尿障害となるような基礎疾患は見当たらず、病気が原因で失禁しているとは考えられませんね。
では、ここで選択肢1~5の尿失禁について簡単に説明します。

溢流性尿失禁・・・膀胱に尿が溜まっているにもかかわらず排尿のコントロールがうまくいかない状態。すぐに尿が出ない、出始めてもちょろちょろとしか出ない、残尿感がある。

腹圧性尿失禁・・・咳やくしゃみなどで腹部に力が加わった時に尿がもれてしまう状態。

反射性尿失禁・・・尿意がないのに、膀胱にある程度の尿が溜まると反射的に膀胱が収縮して尿が漏れる状態。脳障害や脊髄損傷など。

切迫性尿失禁・・・急に強い尿意を感じて我慢ができずにもれてしまう状態。

機能性尿失禁・・・判断や動作がうまくできずに間に合わずに尿が漏れてしまう状態。トイレまでの距離が長い、ズボンや下着の上げ下ろしに時間がかかるなど。

問題 3

妻の介護負担は増してきている。妻の心配は、自分も高齢であり介護ができなくなったときどうしてよいのかということである。通ったり、泊まれたり、自分の体調不良時にも自宅を訪問してくれるサービスを利用したいと考えている。妻の希望に沿ったサービスとして、最も適切なものを 1 つ選びなさい。

1. 通所介護
2. 短期入所療養介護
3. 小規模多機能型居宅介護
4. 地域密着型特定施設入居者生活介護
5. 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

正答

3

解説

妻は、通ったり泊まったり、自宅にも訪問して介護してくれるサービスという3つのサービスを組み合わせて利用したいと考えていますね。

通所介護と短期入所療養介護については、どのようなサービスか詳しく分からなくても「通所」・「短期入所」という語句からそれぞれ3種類(通い・泊り・訪問)が組み合わさったサービスではない、ということが予測できますね。

また、選択肢4・5の「地域密着型」という聞きなれない語句に戸惑うかもしれませんね。
地域密着型とは「認知症や中重度の要介護状態になっても、住み慣れた地域での生活が継続できるように」という目的から作られたサービス体系です。その市町村に住んでいる方しか利用できない、規模が小さいという特徴があります。
よく見ると4・5のサービスは入所もしくは入居施設となっているので生活の拠点を施設に移してしまうことになりますから、妻の意思には反していますね。

まとめ

総合問題は、長文の事例の中でポイントとなる箇所をきちんと押さえておくことが重要になります。学習のヒントとしては、過去問題などで事例問題を繰り返し解くことをお勧めします。試験問題の最後にある総合問題は、集中力が途切れやすく、早く終わらせたいという思いからケアレスミスをしないよう注意しましょう。

ライタープロフィール

結のそら
むすびのそら。
介護福祉士や介護支援専門員として約20年介護業界に携わる。
取得資格:社会福祉主事、介護福祉士、介護支援専門員、主任介護支援専門員、福祉住環境コーディネーター3級

関連記事

  1. 詳細解説!介護業界の試験問題

    第29回(平成28年度)介護福祉士試験 ポイントと解説1

    「介護福祉士」は介護職に人気の高い資格で、国家資格のひとつでもあります…

  2. 詳細解説!介護業界の試験問題

    第29回(平成28年度)介護福祉士試験 ポイントと解説5「生活支援技術分野」

    今回は、生活支援技術分野から3問抜粋しました。介護のお仕事などで普…

  3. 詳細解説!介護業界の試験問題

    第29回(平成28年度)介護福祉士試験 ポイントと解説9「発達と老化の理解」

    今回は、「発達と老化の理解」の科目から2問詳しく解説していきます。…

  4. 詳細解説!介護業界の試験問題

    第29回(平成28年度)介護福祉士試験 ポイントと解説4「発達と老化の理解」

    今回は試験科目のうち「発達と老化の理解」の分野から2問題を取り上げて詳…

  5. 詳細解説!介護業界の試験問題

    第29回(平成28年度)介護福祉士試験 ポイントと解説6「社会の理解」

    今回は、「社会の理解」分野からの出題を2問詳しく解説いたします。学…

  6. 詳細解説!介護業界の試験問題

    第29回(平成28年度)介護福祉士試験 ポイントと解説2

    第29回の介護福祉士試験に出題された問題文を抜粋してご紹介します。…

クリックジョブ介護 ホイクナビ カイゴナビ派遣 シニアの住まい

人気の記事

カテゴリー

PAGE TOP